本文へスキップ

寺院施設とイベントのマッチングサイト


電話でのお問い合わせは03-3290-6716

メールでのお問い合わせはこちら

Homeイベント一覧イベント詳細

「読経&写仏・写経 ~2016年 春~

春一番も訪れ いかがお過ごしでしょうか

春彼岸のお中日は、
一年で数少ない昼と夜の長さが同じになる日
新年度を新たな気持ちで迎えるにあたり、
ほんの一息ご自分の時間をもたれては如何でしょうか

日々の中で、お腹から声を出すことはありますか?
声を出すことは、
自分の中の何かを外へ出すことでもあります

仏様と向き合い、ひたすらにお経を唱えたり写経・写仏をしたりすることで、日々の生活では感じられないものを感じられるかもしれません

あなたによる あなただけの時間
お寺にて 
いつもと違う時間の過ごし方をされてはいかがでしょう

皆様のお越しをお待ちしております
写仏1

教室の詳細

 日時  2016年3月21日(月・祝日)  13:30~15:00
  5分前には会場にお越し下さい。写経・写仏、どちらも開始時間は同じです。
 場所 〒292-0067 千葉県木更津市中央1-3-15 
愛染院 客殿
・本堂
 参加条件  なし(愛染院檀家様以外でも参加可能です)
内容 皆さんでご一緒に本堂で『読経』をおこなった後、
『写経』と『写仏』のどちらかお好きな方をおこなっていただきます。

【読経】お経(仏様の教え)を唱えることです。
【写仏】十三仏(※)の仏様を写仏します。当日、写仏する仏様をお選び頂きます。
【写経】「般若経」のエッセンスの詰まった「般若心経」を写経します。

(※)十三仏
死後、冥土の審判に裁判官として順々に関わる仏様たちとされます。
俗に閻魔大王と呼ばれる方もそのお一人で、死後35日目の審理を担当されると言われ、地蔵菩薩が化身とされています。
仏様の詳細は、以下に記載がございます。
より詳細な説明は、当日副住職がお話下さいます。
 定員  20名(先着順)
 持ち物 なし(筆などはお貸し出し致します)
 参加費 500円 
 申込方法 申込内容を下記連絡先までご連絡下さい。

<申込内容>
実施する内容(『写経』又は『写仏』を必ずお選び下さい
・お名前
・ご連絡先(電話番号又はメール)

<連絡先 (担当:宮崎)>
下記のいずれかにご連絡をお願い致します。
①MAIL:aizomein@gmail.com
②MAIL:wakuwaku-terahiroba@terahiro.jp
③TEL:080-6892-2818

※お申込の連絡を受けましたら、2日以内に受付可否のご連絡を致します。
もし連絡が無かった場合、お手数をおかけしまして恐縮ですが、上記の他の連絡先にご連絡を頂けますよう、お願い申し上げます。
 問い合わせ  上記連絡先まで

       

講師

吾津 恕榮 (千葉県 愛染院 副住職)

 

写仏(例)

写仏2 写仏3

十三仏

不動明王(初七日) 釈迦如来(二七日) 文殊菩薩(三七日) 普賢菩薩(四七日) 地蔵菩薩(五七日) 
弥勒菩薩(六七日) 薬師如来(七七日) 観世音菩薩(百ケ日) 勢至菩薩(一周忌) 
阿弥陀如来(三回忌) 阿閦如来(七回忌) 大日如来(十三回忌~二七回忌) 虚空蔵菩薩(三十三回忌)